大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

France(Strasbourg) Tarte Frambe

日本から戻って来たその週末、イタリアに住む友人と近所のFrance,Strasbourgに出かけた。

手元には日本で買って来たばかりのFigaro Voyage[北フランスの田舎町へ]。

ここは、Baselから車で1時間程で着くFranceアルザスエリア。
軽く散歩ができて半日周るのにぴったりの可愛い町。

そして単に可愛いだけでなく、 見事な大聖堂があり、川で囲まれたエリアは世界遺産に登録されている。これだけ小さな町なのに、歴史の佇まいを感じる。可愛いだけではない。。

また、雑誌によると『ストラスブールは食の天国。』とも書いてあった。まっ、それはどうか(笑)だけれど、この地域の食べ物;シュークルートに、タルトフランベを味わえるのは間違いない。

ちょうどお昼頃到着して、Petit Franceと呼ばれる川に挟まれたエリアをぐるぐる、そして、なあんとなく「Tarte Frambe」の看板のあるお店に入った。

お店に入ってからも、何を食べようかなあ「今日のランチ」を食べるか、それとも。。なあんて思ったが、ちょっと迷ったからこれ、Tarte Frambeにした。それもとろけるチーズのせのTarte Frambe 。





これがTarte Frambe
b0203203_2231724.jpg



一見すると、イタリアのピザとどこが違うのか??

こちらは、食感がクラッカーのような生地に、フロマージュブランと呼ばれるチーズがのっていて、それにタマネギ、パンチェッタ。これがべーシックスタイル。

ともかく、このベースがあって、これプラス、他のチーズを加えたもの。とか、このベースプラス他の具材をのせたもの。という風にお店での種類(メニュー)は増えている。

ともかくどこのお店でもベーシックは同じ。

見た目は軽そうなのだけど、食べると、チーズでお腹が一杯になる。

私たちも、「さくさく食べられるね」なんていいながら食べ始めて、(勿論誰も残しはしなかったが)お腹が満腹になった。

乾燥した冷たい空気がこの食欲を誘うのか、、アルザスビールと合わせてもよし、アルザスのワインと合わせてもよし、はたまた水と合わせてもよしの  、軽めだけど侮れない、気持ちもお腹もいっぱいになるアルザスの名物。

何気に視線を走らせていた隣のテーブルは一組の夫婦。
マダムがシュークルートを注文し、ムッシュがエスカルゴを前菜に、そして次にTarte Frambeを食べていた。

ムッシュはわたしたちが一斉にTarte Frambeを食べ始めた時、熱い視線をこちらに送っていたので、「一口分けてあげようか」とも思ったが、ちゃんと彼も注文していて、ものすごい勢いで食べていた。フォークとナイフで適当な大きさに切って、あとは手で口にぽーんと放り込む。その手つきとタイミングは「慣れてるな」という感じ。

きっとこのTarte Frambe、手で食べるのが合っている。そんな気がした。
[PR]
by moyo_european | 2011-02-26 00:52 |