大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

Uganda! (結婚式1)

アフリカの結婚式ってどんなもの?当初、並々ならぬ関心をよせていた。

ただ、友人からは「アフリカンスタイルではない」と言われていた。
アフリカンスタイル=一昨年式を挙げた彼女の妹の時。料理はケータリングもあるが、家族や友人でも作るため、何日も前から準備をする。また料理だけでなく、姉妹は全員お揃いのドレスに身をつつむため、それらの用意等もある。基本何から何まで家族で用意し、もてなす。招待客はナント約600名だった。ちなみに、『これが普通』らしい。

さて今回、
b0203203_4575472.jpg
パーティーの前に式が行われた。ビクトリア湖を臨むプールサイドで。招待状に書かれていたのは、14時。さすがに式だし、と思いホンノ少し前に到着したら、僅か2、3名しか居なく、しかも新郎新婦もまだいなかった。。。




14時予定の式は結局15時半近くになってスタート。この間、いまかいまかと待っていた。時折、家族が挨拶に来てくれたり、同じくスイスからのゲストとおしゃべりしたり。
一方、ウガンダ人ゲスト達は皆、根気があるといえばいいのか、そんなにおしゃべりをすることもなく、椅子に座ってじっと待っていた。
この式には招待客60名程だったが、その後の何時に始まるか分からないカクテルタイムを期待して、この時点から大勢のゲストが。当然椅子は足りない。椅子をどこからともなく持って来ている人もいた。

会場となったホテルは国賓が来訪時に宿泊、会議が行われるウガンダの一流ホテル。12月、1月、2月は結婚式シーズンとあって、週末のこの日、一日に何組も結婚式を目にした。

そんなホテルでのパーティーと聞けば、誰だって行きたくなる。

招待客200名、勿論、用意された席、料理、飲み物も全て人数分。だが最終的に、280名ものゲストが、、、中にはふらっとホテルに立寄り、プールサイドでパーティーをしている、「ここなら無料で美味しいご飯が食べられる!」と潜り込んできた子どももいたが、多くは、招待状をもたないゲスト。
「◯日、あのホテルでデビィーの結婚式らしいよ」と聞いた知り合い、親戚がパーティー用ドレスでやって来るのだ。そして実際「呼んでいないのに来ていた昔のクラスメイトを見た」とデビィーは言っていた。しかも、その彼女、後日たまたま会った時も堂々としたものだった。

"This is African style."と笑うデビィーに、料理が足りないとホテルから追加注文を要求されたスイス人新郎は怒りに火がついていた。
b0203203_555281.jpg
こんな風にセッティングされたテーブル。気温28℃。晴れわたった空が気持ちのいい午後だった。
[PR]
by moyo_european | 2014-01-20 23:17 |