大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

カテゴリ:旅( 85 )

日本で年越し

年越しは9年ぶりに日本で。
b0203203_1271091.jpg
我が家の年越し蕎麦は、穴子、ちくわ、しいたけ、三つ葉せりが入っていて、特に焼きフグの出汁がきいていて、とても美味しい。

家族全員で、大騒ぎしながら、お酒飲んで、喋って、食べて、正直、今となっては、何を食べたのか、思い出せないけれど、かろうじて、年越し蕎麦の写真は、撮っていた。

日本に帰ると、食と行事が深くリンクしていることをいつも感じる。

食の豊かな国に戻ってきた。
[PR]
by moyo_european | 2015-12-31 23:34 |

ピエモンテ週末旅行(2)

b0203203_5131843.jpg
この旅のもう一つの目的が、このワインフェアーだった。

すべてピエモンテの比較的小さなワイン生産者によるワイン。

ちょうど2年前、たまたまこのワインフェアーを見つけ、ここに行ったところ、種類の豊富さに圧倒された。そして、その時に、これまたたまたま知り合った、(通称)ワイン博士。

今年もまた一緒に楽しんだ。とにかく、博士の話は面白く、彼に教えてもらったワイン、2年前、何杯もtastingしたが、翌朝、全く体に残っていなかった。

普通、この位飲むと、この程度体にだるさが残るとか、この位だと大丈夫とかあるが、この時、翌朝だるくなるなという量を飲んでいた。それなのに、全く体に残っていなかった。ほんと、ミラクルと言いたくなるような、、、これが、ワイン博士との出会い。

ワインはチョコレートと同じく、嗜好品。よって、これが好き、これが嫌いなどは、つまるところ、個人個人の嗜好によるもの。その嗜好がぴったり合った。

More
[PR]
by moyo_european | 2015-11-01 23:51 |

ピエモンテ週末旅行(1)

前回からの続き)
b0203203_55981.jpg
翌日は、数年前に偶然見つけた、小さいけれどとっても美味しいサラミ屋と、美味しいrestaurant がある村に行った。そして、 カジュアルなレストランで、トルテッリーニのBaroloソースをチョイス。

見た目はこの通り、シンプル。だけど、これが、次から次に口に運びたくなる美味しさ。ソースをかけた写真を撮る間もなく、あっという間になくなった。

お父さんがシェフで息子さんがお店をまわしている。それが、とってもキビキビ。

ここに来るのは3回目。いつ来ても印象が変わらないのが、何よりも嬉しい。
[PR]
by moyo_european | 2015-11-01 23:00 |

ピエモンテ週末旅行

b0203203_4163059.jpg
例年になく、長く暑い日が続いた夏。やっと秋になったかなと思うものの、気温は高く、今年はどうだろう?と半信半疑で、ピエモンテに向かった。

それでも行ったのは、去年泊まった宿に、予約の際、「白トリュフのディナーも予約したい」と連絡をしたら、了解の連絡をもらったというのと、なにより美味しいイタリアンを食べたかった、から。

チェックインする前に、去年も行った小さな地元の広場の芳醇な匂いが漂ってきた秘密のトリュフ屋に寄ってみた。

ドアの外までぷ〜んと漂ってきていたにおいが、、、今年は、店内に入って、初めて感じた。

お店のご主人と話し、「前回、ここでトリュフを買っている人がいて」という話をしたら、ちょっとにやっと笑いかけて、「こっちに」といって、見せてくれた。

(写真は)全てとれたて白トリュフ。北イタリアでは犬が地下にあるものをほりおこすので、犬が咥えたあともみごとにみえる。

「去年に比べて今年は値段が高い」「今年はこのあたり9月上旬でも30℃近くあったからね、、、」と、納得の理由を聞き、ただ「品質は去年も今年も同じ」という言葉に安堵して、宿に向かった。

More
[PR]
by moyo_european | 2015-10-30 23:33 |

Nice(France) :旧市街と海と山③

Niceというと海が目に浮かぶが、実は山もそんなに遠くない。

鷲ノ巣村もあるが、友達が今回の旅で乗ってみたいと言っていた プロバンス鉄道で山の方に出かけることにした。

ニースcentral駅よりも少し北側にあるニースプロバンス鉄道駅、30分前に、構内はチケットを購入する人で列ができていた。少し甘く見ていたが、無事席にも座れた。車内でまた友達の持ってきてくれたパンを食べ、喋りながらいると、今、一瞬ここがどこなのか、わからなくなる。
「そうそう、プロバンス鉄道だった」と、停車する駅舎をみて認識する。
なんともゆったりゆる〜い旅。

More
[PR]
by moyo_european | 2015-07-23 01:00 |

Nice(France) :旧市街と海と山②

b0203203_20363279.jpg
翌朝もまたマーケットからスタート。

これはニース名物 Socca。

今までピザでしょ?と思って食べたことがなかったが、ひよこ豆が生地なっているだけのシンプルなもの。お店によっては、この写真のように、上にトッピングがしてあり、まさにピザだが、本来は見た目も味も滋味深い。
試してみるなら断然シンプルな方がいい。

緑のトマトやいろんな種類のオリーブ、などを買って借りていたアパートに戻って朝食。友達のアパートのオーナーが買ってくれていたペストリーやバゲットも一緒にブランチ。

実はこの時には、ほぼ完全にiphoneが壊れてしまっていた。お互い少し離れたアパートを借りていたが、この日も待ち合わせ場所を決めていたのが功を奏した。やはり約束はしておくもの。
カメラは持ってきていないので、この先写真はなし。それにしても突然、こんなタイミングで壊れるなんて。



More
[PR]
by moyo_european | 2015-07-22 23:00 |

Nice(France) :旧市街と海と山

b0203203_4101062.jpg
ケルンから戻った翌朝のフライトで今度は南仏のニースへ。

日本から友達がやってくるので一人で会いに行くの巻。出発前日までニースの週間予報は雨、曇り。それが出発日には数日晴れの予報に変わっていた。
出発日雨空で、肌寒かった朝、ジャケットを羽織って、傘をさして家を出た。

飛行機で1時間。到着したニース空港は思い描いたような南仏の太陽の下だった。
われながら、晴れ女。

More
[PR]
by moyo_european | 2015-07-21 23:00 |

Weekend trip:Köln (Germany)

b0203203_035395.jpg
ケルンというと大聖堂。ゴシック建築のこの大聖堂は建物もさながら、第二次世界大戦の際、内部を直撃を受けたものの復旧された。
その歴史が写真で聖堂前にわかりやすく展示されていて、だから、世界遺産なんだと実感した。

今回の週末旅行は土曜朝車で出発して約5時間で到着。ケルンに1泊したのち、翌日日曜日には戻るという若干ハードスケジュール(特に運転者にとっては)。

そして目的は実は大聖堂ではなく、友人とのBBQ!

More
[PR]
by moyo_european | 2015-07-20 01:35 |

やっぱり魚だね!(Porto)

b0203203_17523235.jpg
ホテルにチェックインした時に、スタッフが「この辺りは観光客が多くて、自分も、行くのが怖い。気をつけてくださいね」と、親切に教えてくれたエリアは、いわゆる乗船場周辺の川沿いのレストラン。怖い=値段をふっかける(笑)ということ。

別のスタッフにシーフードを食べたい。特にこの地域の名物タコのライスとか、、というと、この近くだと、と、教えてくれたのが、 Adega de S. Nicolau。ホテルからも行きやすく、結局ここには二度も行った。二度目は覚えてくれていたオーナー家族が、自分たちが日本へ旅行した時の写真を見せてくれ、「日本とポルトガルは遠いけれど、同じ言葉が幾つかある。パン、カステラ、コップ、、、」と言ってきた。離れていても遠くないという気持ちが嬉しい。

More
[PR]
by moyo_european | 2015-03-23 23:00 |

川から橋から(Porto)

b0203203_17161472.jpg
この週末、最高気温22度まで上がった。坂道が多く、上がったり、下ったり。スニーカー必須。自転車不要。街でみかけたのは、モペットのようなオートバイ。走り出すときの音、動力は石畳のほこりも巻きあげ、ちょっとたくましい。

街中のtourist officeに出かけそこで見つけた、ポルトワイン見学+試飲+ドーロ川クルーズというコースを申し込み、一時間船の上でゆったり。川から見る家並みは、壁の色が淡色ながらも色とりどり。ボートでのんびりしていたら、あっという間に乗船した場所に戻った。ポルトの街、それも中心地は築年数の古い家が多いが、中心から離れるにつれて、ガラス張りのアパートが目をひいた。

More
[PR]
by moyo_european | 2015-03-22 23:00 |