大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

カテゴリ:旅( 85 )

Italia(Sicìlia, Aci Trezza)漁港目指して。

b0203203_23295342.jpg


一足早くバカンスをとり、1週間シチリアに出かけて来た。飛行機で2時間乗るだけなのに、到着すると、空気も気温も、雰囲気も違う。こういう時に、『あーー近くにこんな場所があって良かったなあ』と思う。

行く直前まで、正直Mフィアのことはさほど気にしていなかったのだが、イタリア人友人数名から話しを聞く機会があり、なあんとなく心のどこかに緊張はあったような気もする。

加えて到着地のカターニャ。北イタリア出身の友人は「あまり雰囲気がよくない」と言ってきた。

ならば、到着してすぐのランチは、近場の漁港目指して車を走らせ、感じのいい 魚食堂 みたいなところで、食べて、気分を盛り上げたい!と思った。

そして、出発の前夜、それも、深夜にネットで探し始め、ここでAci Trezzaの魚介レストランの事を知り、一路向かった。

到着後初めて目にするかターニャの町は、確かに、錆び付いている というか 傷んでいるというか、そんなゾーンもあったけれど、そこを通り抜け、Aci Trezza に到着すると、なんともいい感じの小さな漁港町。
おじいさんが自分の船の塗り替えをしていたり、どこまでもほのぼのした気分になれる。
b0203203_23342039.jpg



More
[PR]
by moyo_european | 2011-06-13 23:59 |

France(Strasbourg) Tarte Frambe

日本から戻って来たその週末、イタリアに住む友人と近所のFrance,Strasbourgに出かけた。

手元には日本で買って来たばかりのFigaro Voyage[北フランスの田舎町へ]。

ここは、Baselから車で1時間程で着くFranceアルザスエリア。
軽く散歩ができて半日周るのにぴったりの可愛い町。

そして単に可愛いだけでなく、 見事な大聖堂があり、川で囲まれたエリアは世界遺産に登録されている。これだけ小さな町なのに、歴史の佇まいを感じる。可愛いだけではない。。

また、雑誌によると『ストラスブールは食の天国。』とも書いてあった。まっ、それはどうか(笑)だけれど、この地域の食べ物;シュークルートに、タルトフランベを味わえるのは間違いない。

ちょうどお昼頃到着して、Petit Franceと呼ばれる川に挟まれたエリアをぐるぐる、そして、なあんとなく「Tarte Frambe」の看板のあるお店に入った。

お店に入ってからも、何を食べようかなあ「今日のランチ」を食べるか、それとも。。なあんて思ったが、ちょっと迷ったからこれ、Tarte Frambeにした。それもとろけるチーズのせのTarte Frambe 。



More
[PR]
by moyo_european | 2011-02-26 00:52 |

Japan 季節の雛料理

前回日本に戻ったときは3年ぶりだったので、この日にコレを食べるとまで、予定表に書き込んでいた。
が、今回は8ヶ月ぶりの日本。前回同様、移動、用事は合ったものの、気持ち的にゆとりをもって食べたい物を満喫できた。

できるだけ外食は1日に1回。これが体調的にもいいのだけれど、なかなかそうはいかなかったりして、滞在後半になると胃腸も疲れ気味。

他の国では「ヘルシー」と言われている日本食を食べ、胃腸が疲れるなんて、どれだけ食べたんだ。。と自問自答もしたくなる。

ちなみに実際体重を計ると、ジャーン、メーター2キロ弱増。

そんなことを言っても、思っても、食べたい物はある、会いたい人はいる、わけで、「何がいい?」とリクエストをされると、決まってわたしが言ったのは「和食」。

勿論、居酒屋にも行ったし、チープな感じの寿司屋にも行った、それから高級鮨にも連れて行ってもらったし、、、とにかく食べた。

そんな中、予期せぬタイミングで目の前に出て来たのが、ある日のこのお昼。

 桜の浮かんだ甘酒でスタート
b0203203_6534581.jpg




More
[PR]
by moyo_european | 2011-02-24 05:49 |

Deutschland(Stuttgart) 行き当たりばったりビール

b0203203_5525531.jpg


年の瀬も押し迫った29日。1泊でドイツとフランスに出かけてきた。こういうことが簡単に出来るのも、ボーダレスなEU近隣ならでは。

急に行く事を決めたので情報なし。加えてガイドブックもなし。

こんなときどうするか?どうするのがベストか??

1)ホテルの人に聞く
2) Tourist Informationで情報を探す
3)ワインのある街ならEnotecaで聞く

こんなところがBest wayでしょう。でも今回どれもせず。なぜならば、到着した場所はドイツ。失礼を承知で言うならば、わたしはドイツの人に食のことで教えてもらう気にはなれず、、とりあえず、ホテルで市内地図と中心の場所を聞いて、外に出た。

時刻は19時。この国では夕食時間のスタート。
そして頭の中では食べたいものの想像が、、全くなし。。
ただ一つ、頭の片隅にあったものが、ドイツの地ビール。


More
[PR]
by moyo_european | 2010-12-31 22:20 |

Italia (Modena) とっておきのレストラン

b0203203_7143018.jpg


先週末のこと。Modenaのホテルにチェックインして、「TYPICAL MODENA料理が食べたい。しかもとっても美味しいところをどこか教えて」と言ったところ、教えてもらったのがここ。

席に着くと、プロセッコがあけられ、アペリティフが出された。そこで、「これはどういうパテなのか」と聞いてみた。そうしたら、そのパテの説明。フォラグラとバターとイワシと忘れてしまったけどあと一つ何かをミックスして乗せたものと、説明してくれた。

これを味わいつつ、メニューをじっくり見てセコンドをまずは決める。そしてPrimo Piatto を食べるかどうか、前菜を選んだ方がいいか、それとも全部食べることができるか、妄想を開始。

すると何度かテーブルにお店の方が様子を伺いにきてくれた。そこで、彼に、「わたしはこのセコンドを食べようと思っている。あと何を食べるか、何かアイデアはあるか?」と聞いてみた。そうしたら、前菜はなんの説明もなく、プリモを勧めてきた。「どれも自家製の麺。もしパスタが重いなら、こういうスープもあります。」

なるほど、プリモがおすすめってことか。分かった。

b0203203_23563249.jpg


Tagliolini con raguを注文。このTaglioliniが本当に美味しかった。久しく美味しいイタリア料理を食べていなかったので、余計にそう感じたのかもしれない。
でも正直、プリモをもう一皿食べたかったと思うほど、なんともいえない程印象的だった。

More
[PR]
by moyo_european | 2010-12-18 07:44 |