大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏はおわったの?

このところの気温18℃。。晴れ間はあっても風は冷たくて、2年前の6月デュッセルドルフに行った時、『暑いはずの6月にこんなに涼しいなんてここはどうなってるの?』と言ったら、『6月になったらもう肌寒いよ』との返答で、びっくりしたのだけれど、ここも同じ?
(初めての夏なので希望的にそうではないと思いたい。。)

最近、日本の友人からくる「夏休み」という言葉入りのメールに、『ああ、まだ8月にもなってなかったんだ』と思い出すような始末。。
ここはヨーロッパでも、バカンスだから全てのお店が休みになったり、みんなが一斉にバカンスに出かけたりということがあまりない気がする。

そんなわけで、増々夏気分が薄れる。

海がないので、夏は川で泳いでいる人がいるけれど、もはや乾布摩擦(古い:D)にしか見えない。

先週屋外プールに行ったら「水温21℃」の文字を見て逃げ帰りそうになったけれど、頑張って入ったら、寒中水泳か!?と思うような寒さ。

夏はどこにいったのーーー。もはや素足というのがちょっと辛い。。今朝の気温15℃。。
[PR]
by moyo_european | 2011-07-19 15:18 | 普段の生活

バーゼル動物園

バーゼルは人口18万の小さな町なのだけれど、なかなかの規模の動物園がある。
しかも動物園(ニオイが、、)だけれど、町中にあって、ちなみに動物園近郊は高級住宅地としても人気の場所。
土日も休まず365日朝8時からオープンしているので、行きやすい。
動物園って、なんとなく子どもと共に、、のイメージがあるけれど、子どもがいなくても、動物がそんなに好きでなくても、動物の模様をデザインとして捉えてみたり、色遣いを見たり、と、実は意外と楽しめるんだ!と思ったので、ちょっと紹介。

b0203203_16211741.jpg

世界22カ所の動物園で42頭が飼育されているオカピー(WIKIより)。この足のみシマシマというデザインが、創られたデザインではなく天然であるというのが、凄い。。
b0203203_1630956.jpg

クマ科の動物。クマのぬいぐるみ+ちょっとまぬけな犬顔みたいな動物。毛並みの雰囲気がとっても綺麗で、愛嬌がある感じ。ついつい、何度も振り返ってみたくなる。
b0203203_16325969.jpg

フラミンゴ。薄ーいピンク色にはっきりした朱色の組み合わせはとても上品。
よーく見ると、成長するにつれ足の色が赤くなっていく様子。産まれたてはもしゃもしゃした茶色の毛で全体を覆われていて、これがフラミンゴになるとは、ちょっと想像できない。


(まだまだ動物続きます。)

More
[PR]
by moyo_european | 2011-07-17 17:31 | 普段の生活

海外で手に入る 中国版 食べるラー油

一番最初にこれを知ったのは、かれこれ8年位前。北京に行った時、友人の家で『これは(調味料として)欠かせないもの』として教えてもらった。

そして日本にも買って帰った。だけどそのときの記憶は正直、あまりない。
b0203203_445480.jpg
一度見ると忘れられないこのおばさんの顔。似たような感じのものは多くあれど、目印は、このおばさんの顔です。

その後、中華街でこの瓶をみると『このおばさんの顔が目印なんだよなあ』と思ったりしていたけれど、毎回手に取ってはいなかった。

先日、中国人の友人とアジア食材店に一緒に出かけたところ彼女が「あーーー」と軽く叫んだので「どうした?」というと、手にこの瓶をもっていた。

わたしの北京での記憶が蘇ってきた。

友人は「これねえ 色々あるけれど、肉入りがいいんだよ!」という。「どういう時に使ってるの?」と聞くと、「なんでもだよ」「野菜を炒めるとき」「麺」「チャーハン」「あとはこれをごはんに載せて食べるのも好き。まあそんなの私だけかもしれないけど」と言う。
わたしも彼女おすすめの「肉入り」を買って、まず、ごはんにそのまま載せて食べてみた。

「これって。。。。。」そう、食べるラー油ですよ!食べるラー油より、具沢山。多少独特の匂いがあるが、これも気になる人は気になるだろうし、そうでない人は全くなんとも思わないであろう、好みの問題。
中華系香辛料に慣れない人には、少々辛く感じるかもしれないけれど、美味しい。
中国と日本、やはり食の好みが似ているのかも。

きっとどこの国の中華アジア食材店でも手に入るはず。しかも安い。。300円位。
ごはんにのせ、その上に目玉焼きそしてちょっとお醤油をたらして食べるもよし、焼きそば(ネギ、肉、人参、たっぷりの千切りレタスにこれを加えるもよし)、チャーハンもよし、若干 マイブーム。
[PR]
by moyo_european | 2011-07-15 17:38 |

Italia(Sicìlia, Catania) 最後の晩餐

Caltagironeの後、更に南の町を廻り、チョコレートを食べてみたり、作り立てのカンノーロを食べたり、エノテカを巡って、そこから美味しいレストランを紹介してもらったり、はたまた、立ち飲みバールでちょっとボラレタリ(すぐにわかったけれどボラレタ金額はとっても微妙80centだったので、なんか言う気も失せた。。)。

そんなことをしながら、最終日、Cataniaに戻って来た。

本当のことを言うと、Cataniaにはあまり興味がなく、ギリギリまで別の町に泊まって、翌早朝のフライトで。と、思ったのだけど、『どーにも、こーにも朝が早い(7時半フライト)。』 なので当初は、半ばあきらめの気持ちでCatania泊にした。

b0203203_2485255.jpg


b0203203_2542668.jpg


b0203203_2545685.jpg


ここに来るまで数日、特に小さな町に滞在していたので、特にCataniaが大きく立派に感じた。
分かりやすく言うと、ローマは町に遺跡が沢山あって、遺跡と都市が共存している感じだが、Cataniaもそんな感じ。加えてアフリカ大陸により近いこともあり、イタリアの中でも異国情緒を感じた。



More
[PR]
by moyo_european | 2011-07-01 20:30 |