大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

flexibility って、ありますか?

覚悟はしていても、ここスイスでも時々心におとづれる、この国、この国の人たちに腹立たしく思う気持ち。

例えば、生ものルールと薬局ルール。スイスに住んだことがない人は、到底知る由もないであろう、返却不可ルールがこれらには存在している。

生ものに関しては、一度、生菓子を買いに行き、量が足りないということで、急遽追加購入になり、お店の人に「今持っているものも購入品と合わせて、一つの大きな箱に詰め替えてほしい」と言ったところ、何を勘違いしたか「スイスのルールで生ものは返却不可というのがあるんです」と言われ、その時にそんなルールがあることを知った。
薬局ルールも同じで、薬は、返却できないルールがある。





いずれにしても、こういうルールを知るのは、その状況になった時。そして、知らなかったからでは何も解決にはならないし、ここで、意見を言っても、「今回だけよ」とならないのがスイス。

そしてそれだけでなく、元々あらゆる状況において、日本のような丁寧な説明は皆無。

仮に、「説明不足だから、そんなことを言われても対応できません。」と、意見を言っても、相手にとってそれが、複雑そうな、幾つかの部署を通さなくてはいけないようなところであれば、一般的に、対応したくない=やらない=逃げる。という態度をとる。

なんだかんだいっても、この国もヨーロッパなんだと、思うのは、こういう場面の時。
[PR]
by moyo_european | 2014-12-12 23:00 | 裏スイス