大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

家 フォンデュ デビュー

クリスマス休暇をAppenzellで過ごした友人が、「Appenzellでチーズフォンデュを買ってきたから、年が明けたら、フォンデュしよう!」とメッセージをくれていた。

スイスに住み始めて、3年が過ぎたころから、いきなり、チーズフォンデュが好きになってきた。



無理もないのかもしれないが、8月に引っ越してきて、9月か10月に、地元で1、2に有名なフォンデュレストランで食べたのが運のツキ。強すぎるキルッシュと、チーズ、パン、チーズ、パンの繰り返しで、「この単調なものの、どこがいいの!?」と、思い、そこから、フォンデュを食べることはなくなった。

それから2年後、友人がきた時に食べたのが2回目。この時も、季節外れのフォンデュ。だが、初めて食べたときよりは、キルッシュも強くなく、「まあ、いいんじゃないの?」という印象にはなっていた。

そこからさらに、2年経ち、クリスマスディナーに友人から「フォンデュに行こうよ」と誘われ、行き、食べたポルチーニ入りのフォンデュの美味しかったこと!ここで、フォンデュに目覚めた。

前置きが長くなったが、こうして、やっと、味わいがわかってきたような気がした。その話をこの冬にしたのを覚えていた友人が、家でフォンデュを!と誘ってくれた。もちろん、作り方のレクチャー付き。

まず、なんといってもフォンデュは男性の仕事。ここからスタート(笑)。鍋にガーリックをこすりつけ、それとは別に半分に切ったガーリックを一人当たり2切れ入れる。その後、チーズ、コンスターチ、白ワイン、キルッシュを入れ、8の字を書くように、弱火で温める。

全てがいい具合に溶け合い、温まったら、フォンデュ用のバーナーに移動して、スタート。
フォンデュが各店、各家によって味が違うのは、チーズの種類が異なるのと、白ワインの種類、分量、キルッシュの種類、分量が異なるから。とのこと。

やはり、シンプルにみえるものこそ、奥が深い。

b0203203_7513334.jpg
そして、フォンデュのあとは、エメンタールの特製メレンゲにダブルクリームをつけて食べるのがスイスっぽい。身も心も大満足の日曜日。
[PR]
by moyo_european | 2016-02-07 23:13 | 普段の生活