大きな河の街に引っ越して  来たわたしの日常。


by moyo_european

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

マテーラ&プーリアの旅(4)
at 2016-06-15 08:40
マテーラ&プーリアの旅 (3)
at 2016-06-12 05:05
マテーラ&プーリアの旅(2)
at 2016-06-11 04:10
マテーラ&プーリアの旅(1)
at 2016-03-20 09:00
雨の二人旅(3)
at 2016-02-20 23:37
雨の二人旅(2)
at 2016-02-20 23:00
雨の二人旅(1)
at 2016-02-19 23:00
カーニバルの後で
at 2016-02-18 23:28

カテゴリ

全体
普段の生活
スイスあちこち

市場に出かけてみる
モノ(蚤の市)
ちょっといい...

裏スイス

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

画像一覧

ブログジャンル

海外生活
旅行・お出かけ

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

food-lovers weekend

b0203203_340254.jpg

I'm food lover.

水曜日、同じくfood loverな友人から「週末うちに来ない?」と誘ってもらった。勿論行くに決まってる。

年明け会うのは初めて。今年初めての料理、彼らはこんな年始にふさわしいフレンチ料理でもてなしてくれた。

トリュフ風味のビーフに、フォワグラのせ。

かねがねわたしは「シェフになってレストランをオープンできるよねっ」と彼らに話している。

「美味しい料理にワイン、それにリラックスしたおしゃべり、これに勝る週末はない。」

Perfect weekend!!
[PR]
by moyo_european | 2013-01-27 20:53 | 普段の生活

ひよこ豆おからのアレンジ

ひよこ豆おからのメニュー、その後もちゃくちゃくと増えている。

豚肉(ブロック状の豚肉は事前に塩こしょう、ハーブをすりこみ数時間おき、表面を焼いておく。)&ポロネギ(緑の部分)それからドライトマト加えを白ワインで煮込むその時におからを投入。数時間煮込み豚肉が柔らかくなったら出来上がり。食べる時に好みでちょっとマスタードをつけてもよし。
おから部分はいい具合に、手の込んだソースの一部分にみえるのでありがたい。

それから2、3日、毎夜ちょこちょこ火を入れたソース(豚肉はない)はいい感じにくたくたになってきていた。

これを何かにアレンジできないかと、、ふと思いついて、厚切りブロックベーコン、スライスした多めのマッシュルームを入れてソースにかき混ぜた。

で、どうなったかというと、シチリアのピスタッキオソースならぬ、ひよこ豆ソースとしてパスタのソースへ変身した。食べる時に上からパルミジャーノレッジャーノをかけると、美味しい。これでソースも全て完食。

b0203203_4151860.jpg
2日前に降りかかった雪は微妙にとけることもなく、公園の芝生は雪の模様がのっかっている。こんな日が続くと特に湯気のたつものが食べたくなる。
[PR]
by moyo_european | 2013-01-16 23:00 |

アルザス ランチ

b0203203_15193153.jpg
スイスに戻って来たので近くのアルザス(フランス)料理が食べたくなった。

日本にいると、和食。こっちに戻って来ると不思議とこっちのご飯も食べたくなる。日本にいると意地でもフレンチとかイタリアンとか特にヨーロッパの香りのするものなんて食べたくないのに、、なんでしょうね。このギャップは。

薫製にされた厚切りポークにマスタードのソースがかかっていて、付け合わせはポテト。

これも典型的なアルザス料理の一品。

ソースがちょっとやさしさのあるクリーミーな感じでこの日のわたしの好みと合った。

予約をしていなかったことを一瞬焦った程の人。食事が終わって席を立つ時に「あっ」という感じで挨拶を交わす人が多いのは、地元の人が多い証拠。

イギリス人料理研究家のサイトで紹介されていたこのレストラン(正確にはTaverne)。コストパフォーマンスも高いし、サービスの女性もみんな普通に(ここが重要)愛想がよく、テキパキしていた。

また近くに寄ったら、来たい。

La Taverne Alsacienne ; 99 rue de la Republique, Ingersheim
[PR]
by moyo_european | 2013-01-11 23:00 |

ミ カタ

今までになく長く日本に帰っていたので、戻って来て1週間も経つのに「ああ、日本だったら」なんて思うことがしばし。

特に忙しいときとか、「ちょっと何か買って来て、それを組み合わせての食事もできる。」「疲れている時に、さっと食べて帰ることのできる外食もある」とかまあ食べ物に関する事を思うのだけど、言ってもないものはない。仕方ない。まだ手元に日本から抱えてきた食材があるだけ贅沢だと思え自分。。。

そんなところへ帰宅したら宅配メニューが家のポストに入っていた。
このメニューが凄くて、ピザ、スパッゲティー、フォカッチャ、リゾットのイタリアンがあれば、ドネル、ケパブなどのトルコ料理あり、そして野菜カレー、鶏肉の甘酢炒めなどのアジア料理ありのそれはもうざっくりしたメニュー構成で、その上メニューには手巻き寿司、うどん、素麺の写真が載っている。。という。。
お陰でメニューに和食があるのかと探してしまった。。(なかった)

結局この夜は適当メニューでやりすごしてしまったが、自分で作る料理は素材も選んでいるわけだし、何が入っているかも分かっているし、体にいい。なんだかんだで、健康な生活を送れているんだなと感謝。

とにかく便利で、物が豊富で、何でも手に入る日本。
加えて、流行のターンオーバーが異常に早い日本では、誘惑が多くて難しいことも、ここではそれを目指さなくとも健康食ができる。というかそうなる。どっちがいいんだろう。
b0203203_1647594.jpg
駅弁だってこんなに種類豊富。そもそも電車の中で各地の特産物を美味しく味わうなんて発想、他の国では殆どない気がする。こういうのは、グルメな日本ならでは。
[PR]
by moyo_european | 2013-01-09 21:47 | 普段の生活

空の上から

b0203203_17575617.jpg

12月上旬、ドーハ発関空便上空からは見事に日本地図が目に出来た。

なんとなくここは四国で、なんて時折経路地図も見ながら、日本の美しさに惚れ惚れしてしまった。こんなとき視力の良さに感謝せずにはいられない。
コンビナートでさえも整列していて美しく見えた。空の上からはゴミゴミしたところは一切見えず、緑、海、点々と無数にある島、頭の中にある日本地図と今目の前にある実際の地形を一致させることに集中してしまった。

6年ぶりに日本で年末を過ごし大晦日深夜ドーハ経由でスイスへ。

今回初めて利用したQatar 航空は、サービスで今や常に上位に入る人気エアライン。スイス〜日本便では、エコノミー席にも関わらずChampagneのサービスがあり、大晦日深夜便、名付けて「シャンパンフライト」なんて豪語していたが、関空発ドーハ便では、シャンパンのサービスはなかった。フランス産白ワインで乾杯し、長い大晦日を空の上で過ごしてきた。

うつらうつらしながらふと外をみると、雲の上に、ナイター競技場で見るような、明るい光がポン ポンと強く目に飛び込んできた。

ふっと頭をすっきりさせると、これが星なんだと分かった。

ふとしたところに発見があったりする。今年も沢山のことを感じられる年になりますように。
[PR]
by moyo_european | 2013-01-04 12:10 | 普段の生活